2017.04.06床の作り方CARROT DIARY

隣近所とは常にコミュニケーションを取ろうと心がけている中江です。

 

こちらから先に挨拶をすると、必ずいい返事が返ってくるものです。
上下階に他人が住まうような場合の生活音や振動は極力施工者として
伝わりにくいように工夫をして、あと後トラブルにならないようにしたいと
心がけています。

 

木造住宅でも2世帯住宅の場合は特に気を使って遮音対策の考慮をします。
非木造においても、すぐれた対策システムを採用しています。
防振システム根太によるフリーフロアーです。

 

1 床受け材、際根太、接着剤
ボルト先端が十字ドライバーで高さ調整可能
さらにボルト中心の穴から専用接着剤で柱脚の固定をする。

 

2 際根太施工状況

壁のボードとはパッキンゴムにより縁が切れて壁に振動や、
音が伝わりにくいシステムになっている。

 

3 フリーフロアーの完成
この上にフローリングを張り、床の完成。

 

4 YPEタイプシステム根太の断面
下のゴムが振動を伝わりにくくする。

 

5 床面遮音試験データー
およそ40〜50デシベル音を低減できるすぐれものです。

 

 

常にお客様のことを考え、日夜努力するキャロットホームでした。(*^。^*)