2018.04.22茂友会 研修会PRESIDENT BLOG

去る4月19日~20日迄、当社の親睦会である「茂友会」の研修会として鳥取、島根の「足立美術館」「出雲大社」へ総勢36名の参加にて実施された。
当日は快晴の基、AM6:40に金沢南店、7:40に本社を出発し、北陸道、舞鶴道、中国道、山陰道を経てPM3:00頃に「足立美術館」に到着し、約2時間程当会館の見学となった。
当美術館の展示物も横山大寛を中心として鑑賞をしたものであるが、庭園の素晴らしさには圧倒された時であった。
その後に宿泊先である「玉造温泉」へ到着し、その日の疲れを取りながら夜への宴会となり、若者は二次会、三次会へと流れていくものである。
私共はバスの長い乗車に疲れ、早めの睡眠となる時であった。
日々の生活の流れによりAM3:00には起床し、地震の対策と早朝の旅館の周辺を散歩していると、満天の星を見る事が出来、特に私の好きな北斗七星と北極星の輝きにしばし見とれる時であった。
AM7:50には旅館を後にし「出雲大社」の方へ出発となった。
当神社の駐車場から境内の方へ足を進めると、案内人の方の説明により「2礼4拝」の作法を聞き、通常の2礼2拍手1礼との違いについての内容に理解を得ながらの参拝となった。
11月には神無月となり、全国の神社より神々が当神社に集合されるという説明に納得のいくものである。
私共が月まいりをしている白山比咩神社もその神々となっている様である。
尚、白山比咩神社の例大祭は毎年5月6日に実施されており、今年もAM10:00からの参拝に出席をさせて頂く予定である。
昼食会場である鳥取県境港を目指すべく「宍道湖」のほとりを電車に乗車しその風情を楽しみながら宍道湖温泉より松江市内を経て境港への到着となった。

以前、こちらの方へ訪問した時に、「水木しげる」の鬼太郎街道を見学しながらその足跡を色々と見る事が出来たものだが、この昼食施設へも水木氏が来場しているとの事で、様々な記念品が展示されているものであった。
PM1:15には帰途につくべく出発をし、鳥取砂丘のそばを通過しながら下道にて舞鶴自動車道を目指し、本社にはAM9:00過ぎに到着し全員無事の帰宅となった。
当研修会において、天候には晴れの天気を予定する事ができたのだが、出雲地方の地震には気を使いながらの旅であった。

 


この花なんの花  道路沿いの風景より


いつもの富士山


穏やかな海岸


 

<茂友会 研修会>



和風アプローチ


和風アプローチ


ヤマタノオロチ


バスの車内にて


舞鶴自動車道 三方五湖SAにて


水木しげる記念品


松江城


ハナミズキ


宍道湖


出雲大社 しめ飾り


しめ飾り コインが多く挟まっている


畳75畳分 高さ47メートルの「日の丸」


昔の大社 基礎の跡


境内


境内


バスの中より撮影


玉造温泉

 


旅館の全景


大浴場より


足立美術館


 

足立美術館


庭園


庭園


庭園


生の掛軸


庭園


庭園


庭園


庭園


庭園


庭園


庭園


庭園


高速道路にて


高速道路にて


 
来館予約
資料請求