2018.06.09今が建て時ですSOMMELIER BLOG

まもなく北陸地方も梅雨入り間近な雰囲気が漂い、苦手な梅雨に少し憂鬱な営業の水尾です。

そんな気分を吹き飛ばし、今回は2018年、今が新築の建て時だということをお伝えしようと思います!!

 

マイホームは人生に一度の大きな買い物といわれるほど、ご家族にとってとても大切な決断です。

2018年はいろんな制度や補助金等がからんでいますが、減税措置や給付金・補助金も充実していて

いろんな後押しをしてくれる制度も充実しています。

 

ポイントとしては下記の5つとなります。


1.2019年10月1日から消費税が10%に増税します

2.住宅ローンの金利が最低水準です

3.各自治体(国・県・市からの)補助金が充実しています

4.親や祖父母からの住宅資金の贈与税枠が変わります

5.住宅ローン減税でしっかりと還付を受けれます


 

今回は、1番の消費税増税について詳しくご説明させて頂きます。

 

1.消費税が8%→10%に代わります。

マイホームを取得する際には様々な税金がかかり、中でも大きい金額になるのは消費税です。

土地代は非課税となりますが、建物代が2000万円だとすれば、

費税8%の場合・・・160万円  → 消費税10%の場合・・・200万円

と、その差はなんと40万円となり決して小さくない金額となります。

大きな金額が動くマイホームづくりですが、出来るだけ総額を抑えたいのは皆さん同じです。

 

そこで事前に確認をしておきたいのは、注文住宅の消費税8%の適用時期ですが

2019年3月31日までの請負契約を締結しておく必要があります。

※引渡し時期が2019年10月1日以降になっても大丈夫です

もしくは、建物の完成引渡し時期が2019年9月30日までに完了しなければなりません。

 

前回の消費税が5%→8%に増税となった過去を思い出すと、工事がこれまでにないほど集中し、

資材高騰や資材不足、商品納期の遅れ、人件費の高騰などが全国的に発生しました。

工期の遅れやコストアップも懸念されるので、なるべく早めのマイホームづくりをおススメしております。

 

マイホームはとても大きな買い物です。

家族が毎日笑顔で幸せに暮らしていく家づくりも、しっかりと計画をもって大切に進めていきたいもの

だと思います。私たちキャロットホームでは、皆さまのマイホームづくりのご相談から丁寧に聞かせて

頂いております。女性目線の家づくりを一度ご覧になって、後悔しない家づくりを進めてみませんか?

 

現在金沢~白山市内にてモデルルームをご見学頂けます。

是非お気軽にお問合せくださいませ。       フリーダイアル 0120-78-1289 まで

 

 

→次回は、2番の住宅ローン金利についてお話させて頂きます。

 

 

 

 
来館予約
資料請求