省エネ・エコ住宅ZEHと
長期優良住宅

省エネ住宅「ZEH」、長く住み継ぐための
基準をクリアした「長期優良住宅」をご紹介。

ZEHとは

NET ZERO ENERGY HOUSE(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、
住宅の断熱性強化や高効率設備の導入などの省エネと、
太陽光発電などの創エネで自宅で使うエネルギーを0%まで削減した住宅のことをいいます。
充分な創エネシステムの設置ができない場合の措置として、
省エネと創エネでエネルギーを25%以内に抑える「Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)」という考え方もあります。

キャロットホームはZEH普及へ積極的に取り組みます!

キャロットホームでは2020年までに、年間供給・ 販売戸数比率を50%以上の住宅について、ZEH建築を設定目標としています。国としても省エネに取り組む今、資産価値ある ZEHへ積極的に取り組み地球環境へも積極的に取り組みます!
ZEHビルダー登録番号 [ZEH28B-01880-CT]
ZEHビルダー種別 ZEHビルダーB登録

  • 高気密・高断熱で住み心地UP
    ZEH仕様の住宅にするためには、高気密・高断熱にすることが欠かせません。高性能な断熱材やサッシなどを取り入れることで、家全体を快適な室温に保つことができます。室内の温度差も少ないため、急激な温度変化によって血圧や脈拍に悪影響を及ぼすヒートショックのリスクも大幅に軽減できるというメリットもあります。
  • ランニングコストを押さえられる
    太陽光発電のほか、高い断熱性や高効率設備の導入により、ZEH化した住宅では冷暖房をそれほど使わなくても快適に暮らすことができます。毎月の光熱費がかからないだけでなく、売電による収入も期待できます。
  • 補助金制度
    政府のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業による補助金を受けることができます。
    補助金制度の詳細はお問い合わせください。

長期優良住宅とは

いいものをつくり、手入れをしながら長く使用していく「ストック型社会」の実現に向け、
長寿命住宅のあり方とその維持保全の方法をまとめたものです。

  • 「長期優良住宅」の認定基準が明確化
    国が「構造の安全性」や「劣化の軽減性」などを明記した住宅性能表示制度を基準に長期優良住宅を認定。
    今までは家の性能基準が明確になり、住みやすさだけでなく、家全体の資産価値が向上します。また、「登録免許税」や「不動産取得税」、「固定資産税」の税率が一般住宅特例より引き下げられるほか、控除額が増額します。

    このほか、国からの補助金を受けられる制度もございます。詳しくはお問い合わせください。