2020.05.22ザッツ 階段CARROT DIARY

毎日の外でのマスク着用は当たり前の

日常になってきました。

梅雨や夏に向けて、クールビズマスクがいろいろと登場してきて

機能性や、使用感アップにキタイする中江です。

 

弊社で新築中のH様邸の階段は、一般的なものとは変わっています。

通常の巾は

壁芯900、1,000、1,200程度

大きくても1,500くらいまでです。

H様邸では、1~8段までは壁芯2,424で余裕+αの階段を施工中です。

 

 

 

 

 

 

 

中央2カ所にササラ受の梁H150を設けて

雛壇ササラ桁を支えます。

もちろん両端はササラ桁を壁に固定です。

 

 

 

 

 

 

 

施工上の注意点は

1 幅が2,424と広いので大人2人が段上ではしゃいでも床鳴りがしないこと。

2 仕上げ材のパイン材の無垢フローリングを張り上げるので

フローリングを支えるための下張りが必要で、十分強度が求められる。

3 階段下は構造上将来にわたり、点検用の開口が明けることができないため

メンテナンスがしにくいこと。

以上の事を十分考慮して、大工さんに工夫して組立してもらいます。

組立完了し養生状態です。


 

 

 

 

 

 

2段目の鉋が小さく見えます。

学校の階段のような

なかなか面白い階段ができました。

完成したら目に見えないところで、日夜頑張っているんですね。

 

 
来館予約
資料請求
不動産情報