2017.05.13金沢上荒屋モデル 現場確認CARROT DIARY

こんにちわ 駒澤です。

現在建築中の金沢上荒屋モデルの現場確認に行ってきました。

大工さんとの打合せを行い

外壁の透湿防水シートを張る前 耐力面材の施工状況確認を行いました。

キャロットホーム独自のスマートウォール工法採用

耐力面材にノダ 構造用ハイベストウッドを使用しています。

適切な釘の使用 釘ピッチ 打ち間違いの有無などを確認

なぜキャロットホームが使うのか?

・耐力面材として重要なせん断強さが構造用合板の約2倍です。

・従来の在来軸組み工法に比べ軸組と床・壁パネルを組み合わせた
「モノコック構造」

 ・高耐水MDF(ミディアム デンシティ ファイバーボード)で防蟻仕様で耐久性が良い

・壁倍率木造軸組工法2.5倍お よび4.0倍

・透湿性がある。 壁内に湿気がこもらない

・断熱欠損が無い

 

難しいことはよしとすると

要は構造的に強くて 耐久性もあり家が長持ちするって事!

 

当たり前のことですよね

しかし欠点もあります。

防火地域では使えません

その場合は他の面材を使います。

 

 

先日 あるセミナーに参加させていただき 新しい考え方や 物の見方考え方 多くの気付きを得ました。

・まずはやってみる。

・欲しくなる理由

・SNS活用

ってことで慣れないですが自撮りにチャレンジ!

緊張するな~