2019.10.16修祓式CARROT DIARY

こんにちは 駒澤です。

先日の台風明けの日曜日

9/末に完成しお引渡しいたしました 小松市矢田野町地内

共友会 【小規模多機能ホームやたの】

の修祓式(しゅうばつしき)に出席してきました。

 

修祓式って何?

建物完成後、使用前に行う御祓いの儀式。

極めて日本的な慣習で神式によることが多い。

 

修祓式の出席者は若宮白山神社宮司、共友会関係者、町内関係者、工事関係者が参列し

完成した建物内で執り行われました。

 

この後やたの集落センターにて竣工式や記念講演会などが行われました。

竣工式では感謝状をいただきました。

 

施設長より小規模多機能ホームの説明があり地域密着の施設になるんだなっていうのが伝わってきました。

小規模多機能ホームとは?

介護が必要となった高齢者が、住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、利用者の状態や必要に応じて、「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3サービスを組み合わせて提供する在宅介護サービスです。

小規模多機能ホームは、介護が必要になっても、安心して自分の家で生活することが出来る便利なサービスです。理想的なケアを実現した小規模多機能ホームは、今、最も注目されています。

完成建物はこのような感じです。

 
来館予約
資料請求
不動産情報