2019.11.08赤い羽根共同募金STAFF VOICE

 

『赤い羽根共同募金』

⇒共同募金は、戦後間もない昭和22年から、市民が主体の民間運動として始まりました。

地域福祉推進のために活用されてきた募金です。

社会変化の中、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に

取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ」として取り組まれている活動です。

 

 

この時期に改めて赤い羽根の共同募金の詳細を知り、子供に説明するためにHPを検索した営業の水尾です。

 

先日、子供が加入しているボーイスカウトにて、親子共々初めて募金活動に参加してきました。初めて募金を集めるという

ことを経験し、色々と考えさせられる一時を過ごしました。娘は、自分がお小遣いをもらえるのかという勘違いから始まりましたが、途中から募金をしてくれる人の気持ちを理解し、一生懸命に赤い羽根を配ってしっかりと務めを果たしていました。

親子共々とても良い経験ができた一日でした。

 

 
来館予約
資料請求